このページの目次
開催概要展示構成関連の催し

開催概要

伝統の桜草
開催期間2010年4月20日(火)~5月9日(日)
展示物イメージ

当館くらしの植物苑では、2002年より「伝統の桜草」と題して、日本桜草の展示をおこなってきました。「伝統の桜草」とは、江戸時代中頃以降に園芸家が野生種の中から変わった花を探して栽培し、多くの品種を作りだしてきた一連の桜草のことです。時代が新しくなるにつれて種子による選抜陶汰が進み、さらに美しい桜草が作りだされてきました。花の色は紅色から白色、花の形も平弁からつかみ弁までとさまざまです。また、幕末に確立された観賞用の桜草花壇が2003年に当苑へ寄贈されたことにより、展示方法の幅も広がりました。栽培方法や楽しみ方などのほか、今年度は野生系の品種に焦点をあて、併せてパネル等で解説します。

会場 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
料金

個人(高校生以上) 100円 / 団体(20名以上)50円 

※小中学生は入苑無料です。 ※毎週土曜日は高校生は入苑無料です。
※4月29日(木・祝日)は「歴博みどりの日」で入苑無料です。

開苑時間 9時30分~16時30分 (入苑は16時まで)
休苑日 4月26日(月)、5月6日(木)
主催 国立歴史民俗博物館

展示構成

展示する桜草はおもに鉢植えで、1鉢に4芽、各品種2鉢ずつ用意し、桜草花壇のほか、東屋周囲、ハウス2棟、よしず展示場2ヶ所に展示します。桜草花壇には、江戸時代に栽培されていた桜草を、その作法に従って展示します。芽数の多いものはプランターでも展示します。

桜草花壇

赤蜻蛉(あかとんぼ)

伊達男(だておとこ)

飛岳(とびたけ)(野生種)

桜川(さくらがわ)

朝日潟(あさひがた)

   

桜草 有償頒布のご案内

日時 4月20日(火)から5月9日(日)
※休苑日・4月26日(月)、5月6日(木)を除く。
9時30分~13時30分まで
※4月20日(火)のみ 9時30分~11時00分まで。
場所 くらしの植物苑 東屋周辺
価格 1ポット500円~(平均3芽)で、期間内であっても売切れ次第終了となります。
備考 ※1日の販売数量に限りがあります。品切れの際にはご容赦ください。
※別途、入苑料が必要となります。

くらしの植物苑観察会

第133回観察会 「江戸の花 桜草」

日時 4月24日(土) 13時30分~
会場 くらしの植物苑
講師 鳥居 恒夫(園芸研究家)
備考 ※事前申し込み不要

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。