春の「バラ」は木にも「地面」にも

  • 執筆者:小林清子・北村文(くらしの植物苑ボランティア)
  • 公開日:2006年2月25日

- 春はバラ科来(から)-

春風とともに、木々は季節のうつろいを感じさせ、そして一斉に開花するのがバラ科の仲間たちです。ウメ、モモ、サクラに始まり、ノイバラ、コデマリ、キイチゴと続きます。高山地帯でも遅い春を迎えると、チングルマやキンロバイが咲き始めます。それぞれ花びらとガクが5枚、花びらがばらばらに散る放射相称の両性花。例外はありますが、これらが共通点なので、よく観察してみて下さい。ちょっと変わった風情のシモツケソウやワレモコウも首をかしげたくなりますが、れっきとしたバラ科の植物です。以前、小・中学生を対象に行った体験教室『花の探検隊』でサクラの花びらの重なり方のクイズがあり、これには子供たちよりも保護者の方々が一生懸命になられておりました。皆さんはご存じでしょうか?

さて、まず春先に香り豊かなのはウメです。平安京の内裏の正殿である紫宸殿(ししんでん)前には右近の橘、左近の桜とありますが、以前はウメであり、これが天徳4年(960)の火災で焼けてサクラ(ヤマザクラ)になったとか。しかし、焼けたのではなく焼いたのではないか、ウメがサクラに変化したのは律令制崩壊に関する政治的な意図があったのではないか、と推測するとおもしろいことです。

杜牧の漢詩『山行』に‘遠く寒山に上れば …… 霜葉は二月の花よりも紅なり’とあり、ここにでてくる二月の花とはモモと聞いております。モモは古くから愛され、呪術的な事にも使用され、昨年度企画展示『海をわたった華花』ではこれを展示、体験コーナーで作ったモモの核を使ったお守りはいまも手元にあります。

今の季節、高い木々だけでなく、低い位置に目をむけると、地面には草々がバラの花びらを思わせる状態(ロゼット)にあり、夏の様子とだいぶ違うものがみつけられると思います。春はバラから。上を見たり下を見たりして自然を楽しんで下さい。(小川 清子)

-バラからきたロゼット?-

ロゼット(rosette)とは、植物が葉を放射状に広げ、地表に張りつくような形で冬越しをする姿のことをいい、その名のとおりあたかもバラ(rose)の花のように見えます。このときの葉は根生葉とよび、茎の節間はほとんど伸びません。ロゼットで冬越しをした植物は、春になると茎がしだいに長く伸びて花茎となります。このときに根生葉が枯れてなくなるものもあります。

博近郊でみられるロゼット植物を、次にあげてみます。ヒメジョオン(キク科)、ハルジョオン(キク科)、オオアレチノギク(キク科)、ノゲシ(キク科)、オニタビラコ(キク科)、ナズナ(アブラナ科)、タンポポ(キク科)、タネツケバナ(アブラナ科)、セリ(セリ科)など。ロゼットのままでは正体のわからなかった植物も、花が咲くと、例えば見慣れた姿のナズナやオニタビラコになりますので、観察してみると楽しいのではないでしょうか。(北村 文)

ヤブツバキ

オオアレチノギク (キク科イズハハコ属)
Conyza sumatrensis 
※ 南アメリカ原産の帰化植物