くらしの植物苑観察会

毎月第4土曜日(13:30 ~ )

9月 23日(土)第30回くらしの植物苑観察会 
「木とくらし 2」 
講師:中川重年(神奈川県森林研究所)

朝顔の押し花の作り方

  • 執筆者:北井幸子
  • 公開日:2000年8月26日

用意する物

  1. 押し花台
  2. 貼る紙
  3. 吸い取り紙
  4. 水でといたアラビアゴム糊(アラビックヤマト糊 2:水 1)
  5. タオル  2、3枚
  6. 筆 大・小
  7. バケツに水をはっておく

貼る

  1. 紙に大筆で糊を花よりも大きめにぬっておきます。
  2. 押し花台の上に水をしぼったタオルを乗せておきます。
  3. 糊をぬってある紙を水にくぐらせてぬらします。
  4. 紙の上に切った花うのせて小筆で形を整えながら貼ります。
    花が自分のイメージ通りに置かれたら、葉を置きます。
    葉は少しかたいので、裏に糊をつけて貼ると良いです。
  5. タオルをよくしぼって糊を取り除くために、上から押さえてふきます。
    まわりの糊もよくふきとっておきます。
  6. 花、葉以外のところの糊が取り除かれたら、吸い取り紙で水分を良く取り、押し花台の上に吸い取り紙を置き、その上に貼った台紙を乗せ て、その上に吸い取り紙をのせて、上から重い物を乗せておきます(ビール 1ダースくらいの重さが必要)。 10分くらい経過したら、吸い取り紙を取り替えま す。
  7. 上記の作業が一番大事です。吸い取り紙をまめに何回も取り替えます。
  8. 水分がなくなったら、吸い取り紙をはずして乾かします。
    (5分間くらい置いてください)

歴史民俗博物館振興会の売店では、「伝統の朝顔」展示に関する3つの図録を販売しています。どの図録にも変化朝顔の種(種類はいろいろ)が 1冊に 1袋プレゼントとして付いています。
昨年の『伝統の朝顔』は江戸時代の朝顔の系統、現在の出物系統、江戸の朝顔の図譜・番付・浮世絵などが盛り込まれ、変化朝顔百科といったところです。

今年つくった『伝統の朝顔Ⅱ 芽生えから開花まで』は、朝顔の双葉・苗・花の図鑑、江戸時代の育て方の記録、変化朝顔の育て方マニュアルを盛り込んでい ます。

『伝統の朝顔Ⅲ 作り手の世界』は、江戸時代から明治にかけての作り手やブームに寄与した人々が中心に取り上げられています。今年発見された文政元年作 の変化朝顔の押し花も8ページにわたって掲載されています。