くらしの植物苑観察会

毎月第4土曜日13:30 ~ 
くらしの植物苑観察会
7月は 24日

★7月 24日の観察会のテーマ:『伝統の朝顔』

朝顔のはなし3 アサガオの葉

  • 公開日:1999年7月20日

アサガオが日本にもたらされたのは奈良時代とされています。当時は青色の丸咲きだったと考えられます。しかし、江戸時代にはアサガオとは思えないような 形をした葉や花をもつ系統がつくり出されました。

アサガオの花の構造(こうぞう)を見てみましょう。アサガオの花には基本的に、がく片が5枚、花弁(かべん)が5枚、おしべが5本、めしべが 1本ありま す。5枚の花弁がくっついてロウト状になった丸咲きは、みなさんがアサガオと聞いてすぐに思い浮かべる花の形です。このような単純な丸咲きに対して、「変 化朝顔」と呼ばれるアサガオは、花弁やおしべ・めしべが変化し、さまざまな咲き方をします。

牡丹咲(ぼたんざき) おしべ・めしべが花弁に化した咲き方。台咲(だいざき)牡丹など。
獅子咲(ししざき) 花弁が切れて、乱れた複雑な形になる。
ラッパ状の花弁の先が折り返したようになるものを風鈴(ふうりん)という。
台咲(だいざき) 花筒(かとう)が途中で折り返し、飛び出たようになる。
乱菊咲(らんぎくざき) 花弁にひだがより、花弁の数が多くなる。
采咲(さいざき) 細く切れた咲き方。武将がもつ采配(さいはい)に見立てての呼び方。

花の色と模様もさまざまです。青、紫、紅などの色はみなさんもよく知っているでしょう。しかし、柿色や鼠(ねずみ)色などの色合いもあります。江戸時代 では、今よりも渋い色合いが好まれたようです。その他にも唐桑(からくわ)や団十郎(だんじゅうろう)茶など、細かく色名がつけられていました。模様は、 花を白くふちどった覆輪(ふくりん)や、濃い色地に淡色の斑点が入る吹雪(ふぶき)、白地に有色の斑点が入る吹掛絞(ふっかけしぼり)その他に刷毛目絞 (はけめしぼり)などがあります。

アサガオは、花の咲き方や色・模様の組み合わせを楽しむことができるのです。