このページの目次
開催概要展示内容および主な展示資料

開催概要

房総発掘ものがたり -出土遺物の公開と歴博C14年代測定の研究-
開催期間2006年3月9日(木)~3月21日(火)
会場 国立歴史民俗博物館 れきはくプロムナード
開催期間 2006年3月9日(木)~3月21日(火)
主催 人間文化研究機構・国立歴史民俗博物館

遺物は旧石器時代から中世に至るまで幅広く展示されていますが、特にこのなかで印西市西根遺跡の縄文土器は、歴博が現在研究を進めているAMS(加速器質 量分析法)による14C年代測定に用いられたものでもあります。
今回は、特別に同協議会から協力を得て、これらの遺物をプロムナード展示として公開するもので、併せて歴博が提示した新しい年代観について、最近の研究成 果の一端をご紹介します。

展示内容および主な展示資料

展示構成

9遺跡の遺物を旧石器時代から中世に至るまで時代別に展示するとともに、文字パネルによる遺跡の紹介および遺物・遺構の写真パネルを展示します。また。併 せてAMSによる炭素14年代測定、東日本縄文時代後・晩期の年代について、コーナー展示により紹介します。

展示資料

約300点(旧石器時代他総数532点のなかから選定します。)

台方下平Ⅰ・Ⅱ遺跡
左:掘立柱建造物群の柱跡(Ⅱ遺跡) 右:金銅製帯金具(Ⅱ遺跡)
内野第1遺跡
出土した土偶(上) 土版(左下) 耳飾り(右下)
「□部冨成女」
一夜山遺跡群C地区/出土した墨書土器の赤外線写真
「廣万呂」
一夜山遺跡群C地区/出土した墨書土器の赤外線写真
辺田1号墳
埋葬施設から出土した太刀(中央:素環頭太刀)
五本松No.3遺跡
出土した約27,000年前の石器類

展示遺跡一覧

基本データ 内容
■遺跡名:一夜山遺跡群C地区
■時 代:旧石器
■種 別:包含地

県内遺跡から出土した石器の石材と出土石器類を展示。 (プロローグ)(原石20点・石器類25点)

■備考:
県内各遺跡出土石器
出土石器の原石
県立中央博物館
■遺跡名:五本松№3遺跡
■時 代:旧石器
■種 別:包含地

母岩・尖頭器・ナイフ形石器・石核楔形石器・台形石器・敲石・彫器他

■備考:
鎌ヶ谷市所在
(財)千葉県文化財センター
■遺跡名:内野第1遺跡
■時 代:縄文
■種 別:集落

縄文時代中期~晩期の祭祀に用いられた土器,石製品・土製品類

■備考:
千葉市所在
(財)千葉市教育振興財団
埋蔵文化財調査センター
■遺跡名:西根遺跡
■時 代:縄文
■種 別:低地遺跡

縄文時代後期の大型深鉢形土器・鉢形土器他

■備考:
印西市所在
(財)千葉県文化財センター
■遺跡名:鹿島台遺跡A区
■時 代:弥生、古墳
■種 別:再葬墓、方形周溝墓、古墳

弥生時代中期の再葬墓・方形周溝墓出土の壷・甕。後期古墳出土の玉類(臼玉・勾玉・管玉・ガラス玉等約3,250個)・土師器杯他

■備考:
君津市所在
(財)千葉県文化財センター
■遺跡名:辺田1号墳
■時 代:古墳
■種 別:古墳

前期古墳より出土した素環頭太刀・太刀・剣・槍・底部穿孔壷・坩高坏・鉢・器台他

■備考:
市原市所在
(財)市原市文化財センター
■遺跡名:台方下平、Ⅰ・Ⅱ遺跡
■時 代:古墳、奈良・平安
■種 別:集落

古墳時代中期・奈良時代の集落跡出土の古式須恵器・臼玉・石製模造品・帯金具・土師器類他

■備考:
成田市所在
(財)印旛郡市文化財センター
■遺跡名:一夜山遺跡群C地区
■時 代:奈良・平安
■種 別:集落

集落内より出土した墨書土器を中心に,土師器・須恵器の土器類他

■備考:
佐原市所在
(財)香取郡市文化財センター
■遺跡名:笹子城跡
■時 代:中世
■種 別:城郭

独鈷杵・分銅・瓦質香炉・中国製茶入れ・瀬戸美濃産灰釉皿・擂鉢・硯・陶磁器類他

■備考:
木更津市所在
(財)千葉県文化財センター