開催概要

「明日に向かって曳け」アンコール上映会
開催期間2017年12月9日(土)
日程 2017年12月9日(土)
時間 13時00分~16時15分 (開場12時30分)
場所 富山大学法文学部 講義室
定員 220名(申込不要・先着順 ※ただし受講生の出席を優先させる)
参加費 無料
主催 富山大学人文学部・中井研究室
共催 国立歴史民俗博物館

開催趣旨

平成28年7月2日に開催した歴博映像フォーラム10「明日に向かって曳け」は研究映像として感心がもたれ、関連分野の大学や博物館での上演が求められています。すでにこれまで鹿児島大学、佛教大学宗教ミュージアムにおいて、映像の上映会を実施してきました。これによって歴博の活動や研究内容について、より広い周知と広報をはかることができると考えます。さらにこの12月9日に富山大学人文学部において、本映像の上映会を行いたいと考え、以下のスケジュールを予定しています。

スケジュール

(学部3,4年生向けの選択科目との併設)

12:30~ 開場
13:00~13:05 開演・挨拶 中井精一(富山大学人文学部・教授)
13:05〜13:20 趣旨説明 川村清志(国立歴史民俗博物館研究部・准教授)
13:20~15:00 映像上映「明日に向かって曳け」(100分)             
15:00~15:15 休憩
15:15〜16:15 解説・討論 中井精一、川村清志
16:15 終了

代表者:中井精一(富山大学・教授)
    川村清志(国立歴史民俗博物館研究部・准教授)