開催概要

女流講談師一龍斎貞寿の「五条の橋」
開催期間2013年10月31日(木)、11月7日(木)
日程 2013年10月31日(木)、11月7日(木)
時間 両日とも14:30 ~15:10
会場 国立歴史民俗博物館講堂
出演 一龍斎貞寿
演目 五条の橋
定員 180名
入場料 無料 (企画展をご覧になる方は別途、入館料が必要です)
午前10時より整理券を配布します

重要文化財 源義経自筆書状 1185年 高山寺文書

この度国立歴史民俗博物館では、企画展示「中世の古文書-機能と形-」を平成25年10月8日(火)~12月1日(日)まで開催いたします。この企画展示では、220点の選りすぐりの中世古文書をお見せいたします。目玉はいままでほとんど見ることのできなかった、源義経の全文自筆書状です。日本には二通しか残っておらず、これはそのうちの貴重な一通です。この展示に関連し、義経と弁慶が最初に出会った「五条の橋」の物語を、今注目を集める一龍斎貞寿が講談でお聞かせいたします。

一龍斎貞寿(いちりゅうさいていじゅ)プロフィール

一龍斎貞寿

所属:講談協会 一龍齋貞心 門下

現在、黒門町本牧亭、お江戸日本橋亭、お江戸広小路亭など講談協会定席に出演。2009年より「講談紙芝居」の口演を開始。株式会社漫画家学会による渋谷画劇団に所属し、イベント、親子寄席などを中心に、絵と語りでオリジナル講談を展開。好評を博している。