「金物の町・三条 - 町・仕事場・人びと - 」

開催要項

日時 2010年5月1日(土)14時30分~16時30分
場所 国立歴史民俗博物館 講堂
定員 260名(当日先着順・申込不要)
参加費 無料
主催 国立歴史民俗博物館
協力 国立歴史民俗博物館友の会

内容

越後金物の集散地として知られる三条は、信濃川と五十嵐川の合流点に位置し、古くから川港として栄えてきました。幕末から近代にかけて急速に金物の商圏を関東平野に広げ、全国的な産地に成長し、戦後は日常金物の生産に加えて機械部品・プレス・鍛造などの多角的な金属製品の生産を担って発展しました。それに伴い、仕事場、工場が町の中から周辺地域に移動して、現在の地理的な様相を呈するものになりました。本作品では、町の構造や工場の地理的変遷と、仕事場から工場へ・手仕事から機械加工へという変容の様相とともに、その結果としての撮影当時の「現在」を記録しています。また、手仕事から工場生産まで、大小様々な生産現場において撮影を行い、そこで働く人びとの営みも捉えています。

解説

内田 順子(当館民俗研究系)

関連資料

第9回 歴博映画の会「金物の町・三条 - 町・仕事場・人びと -」チラシ(PDFファイル)

お問い合わせ

国立歴史民俗博物館友の会

電話 043-486-8011
E-mail tomonokai@rekishin.or.jp

国立歴史民俗博物館広報・普及係

電話 043-486-0123(代)
E-mail sfukyu@ml.rekihaku.ac.jp