国立歴史民俗博物館共同研究「総合資料学の創成と日本歴史文化に関する研究資源の共同利用基盤構築」平成28年度全体集会

日時

2017年3月20日(月祝)10:00-17:00(開場 9:30)

会場 東京工業大学レクチャーシアター(西5号館3階W531講義室)
(東京都目黒区大岡山2-12-1)
主催 国立歴史民俗博物館
備考 当日参加受付・聴講無料

趣旨

国立歴史民俗博物館では現在、「総合資料学の構築」を目指して準備を進めています。「総合資料学」とは、多様な「モノ」資料を時代・地域・分野等によって分類し、分野を超えた視点から統合的に分析することで、高度な共同利用・共同研究へと結びつける新たな学問です。本全体集会では、今年度の成果報告を行うとともに、大学と博物館、研究機関との連携について多方面から検討し、次年度以降の研究への橋渡しとしたいと思います。
チラシはこちら

プログラム

10:00 開会・趣旨説明 西谷 大(国立歴史民俗博物館)
10:05 講演・対談 「デジタル時代の歴史実践 :総合資料学の未来」
小澤 弘明(千葉大学)・ 久留島 浩(国立歴史民俗博物館)
聞き手:西谷 大
13:15 活動報告1 後藤 真(国立歴史民俗博物館)
コメント:宇陀 則彦(筑波大学)
14:10 活動報告2 三上 喜孝(国立歴史民俗博物館)
コメント:原山 浩介(国立歴史民俗博物館)
15:15 活動報告3 西谷 大(国立歴史民俗博物館)
コメント:齋藤 努(国立歴史民俗博物館)
16:10 総評 岩﨑 奈緒子(京都大学総合博物館)
16:30 全体討論
17:30 閉会

お問い合わせ

メタ資料学研究センター  TEL:043-486-0123(代)