永越 信吾(えいこし しんご)

研究テーマ

東国の中世後期社会の考古学的研究

研究分野

日本考古学

研究のキーワード

キーワード1 中世集落の研究

中世後期の集落の構造を、考古学を主としつつ、関連諸分野の研究手法も用いながら、研究を進めていく。

キーワード2 かわらけの研究

かわらけの器形、成形等から地域的特徴を把握し、その分布のあり方から、東国内部における国単位、さらには都レベルの地域圏を考えていく。

研究業績等

論文

「南武蔵における戦国期の土器皿からみた地域圏」(『考古学研究』第59巻第4号 H25)

「学生の研究活動」一覧へ戻る

このカテゴリの他のページを見る
教員 学生