授業の概要

日本歴史研究専攻では、次の3つの形態の授業を行い、博士論文の作成指導と研究者としての育成を図っています。

個別授業

教員一人一人が各自の専門性に基づいて担当する授業であり、専門性の深化と関連分野の修得をねらいとしています。指導分野は、大きく「資料研究系」と「社会史研究系」に分かれており、博物館としての特性を活かして、歴史研究の基礎である資料の分析と活用方法を学びつつ、各分野・時代の歴史像・文化像を構築していきます。なお、授業は少人数で行われるため、具体的な授業内容は学生の必要を考慮して決められます。

基礎演習

1年生・2年生を対象とした、研究発表と討議からなる授業であり、博士論文作成に向けて発信能力を養うことをねらいとしています。

  • 基礎演習Ⅰ  1年生対象
  • 基礎演習Ⅱ  2年生対象

集中講義

夏期に3日間程度の日程で集中的に行われる授業であり、実地での訓練と、学際性を養うことをねらいとしています。博物館の資料や展示を活用した授業、現地調査の授業などがあります。

  • 集中講義A  資料調査法
  • 集中講義B  地域研究の方法
  • 集中講義C  博物館とはなんだろう

履修方法

日本歴史研究専攻の学生は所属する専攻が開設する授業科目6単位以上を含む12単位以上を修得する必要があります。他専攻の授業、総研大の特別講義および協定校(*)の授業によって修得した単位も6単位までは必要単位として認められます。

(*千葉大学大学院人文社会科学研究科と文化科学研究科とは、単位互換協定があり、その他、総研大として締結した協定があります。)

以上の授業の他、国立歴史民俗博物館をはじめとする文化科学研究科各専攻の基盤機関において開催される共同研究に参加することも可能です(*)。

(*研究会によっては参加が認められない場合もあります。)

このカテゴリの他のページを見る
授業科目・講義内容