日本歴史研究専攻アドミッションポリシー

求める学生像

広義の日本歴史およびその隣接分野の研究主題について強い関心をもち、自主的で持続的な研究活動を通して、自立的な研究者として成長する意欲をもつ学生。またその研究成果が社会の具体的な場に活かされるという意味で、社会人学生の入学も歓迎する。

入学者選抜の基本的な考え方

  1. 第一次審査では、専門の異なる複数教員によって、主に修士論文などについて、その論文形式・独自性・発展性・論理性・実証性の各項目について評価を行う。また、志望研究内容については、独自性・計画性の各項目について評価を行う。
  2. 第二次審査では、口頭試問を通し、論文内容・専門知識の確認に始まり、研究意欲や研究計画、さらに研究者としての資質や将来性について評価する。またこの過程を通して、コミュニケーション能力の有無も重視する。

2018年度入学 学生募集要項(博士後期課程)

応募の方は必ず「募集要項原本」をお取り寄せください。

別紙様式2345はホームページからダウンロードすることも可能です。

お問い合わせ先はこちら。

1.募集人員

専攻 課程の種類 講座 募集人員
日本歴史研究専攻 博士課程の後期3年の課程 日本歴史研究 3人

2.出願資格

本学に出願できる者は、次のいずれかに該当する者とします。

A 修士または専門職学位をもつ者

  • 修士の学位または専門職学位を有する者及び入学の前月までに取得する見込みの者

B 修士または専門職学位に相当する外国の学校等の学位をもつ者

  • 外国において、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者及び入学の前月までに授与される見込みの者
  • 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者及び入学の前月までに授与される見込みの者
  • 我が国において、外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者及び入学の前月までに授与される見込みの者
  • 学校教育法施行規則第156条第4号の規定により、国際連合大学の課程を修了し、修士の学位に相当する学位を授与された者及び入学の前月までに授与される見込みの者。

C 修士または専門職学位に相当する学力のある者

  • 大学を卒業し、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者及び入学の前月までに2年以上研究に従事することとなる見込みの者で、本学において、当該研究の成果等により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
  • 外国において学校教育における16年の課程を修了した後、または外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した後、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者及び入学の前月までに2年以上研究に従事することとなる見込みの者で、本学において、当該研究の成果等により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
  • 本学において、個別の入学資格審査により、修士の学位または専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で、入学の月の1日において24歳に達している者

3.出願書類の提出

出願資格AおよびBの者

期間:2017年11月24日(金)から2017年11月30日(木)まで
(郵送の場合は2017年11月30日(木)までに必着のこと)

出願資格Cの者(選抜の前に出願資格認定審査を行うため提出期間が早くなっています)「5-(2)」参照

期間:2017年11月6日(月)から2017年11月9日(木)まで
(郵送の場合は2017年11月9日(木)までに必着のこと)

*原則として郵送とします。必ず簡易書留郵便としてください。封筒の表には「日本歴史研究専攻出願書類在中」(出願資格Cによる場合は「日本歴史研究専攻出願資格認定申請書在中」)と朱書きしてください。

なお、志願者の便宜を考慮し、持参による窓口提出も受け付けますが、紛失事故防止のため必ず厳封のうえ提出してください。窓口は学務課学生厚生係(葉山キャンパス)となります。日本歴史研究専攻(歴博)では受け付けません。

提出された書類等に不備がある場合には、受理しません。また、受理後の出願書類等の変更は認めません。
(留意事項)郵送前には記入漏れ、書類不備のないことを必ず確認してください。郵送に際しては、郵便事情及び不備の場合も考慮し、十分余裕をもって発送してください。なお、期間内に到着しないおそれがある場合は持参してください。

受付時間:平日、午前9時から正午、午後1時から午後5時まで(この時間外は一切受け付けません。)

受付場所:〒240-0193 神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)
総合研究大学院大学 学務課 学生厚生係 (葉山キャンパス共通棟2階)

4.出願書類等

出願者は、次の書類を所定の日時までに、総合研究大学院大学 学務課 学生厚生係に提出してください。なお、出願書類は返却しません。

出願資格A、B、Cに共通の書類(全員提出)

出願に必要な書類 摘要
(1)入学願書・受験票 本学所定の様式(別紙様式1)に記入してください。裏面も記入してください。
(2)外国人出願者用履歴書 本学所定の様式(別紙様式1-2)に記入してください。
※外国人出願者および外国において学校教育をうけた日本人出願者は、必ず提出してください。
(3)検定料
(30,000円)
検定料を郵便局又はゆうちょ銀行の窓口から本学所定の払込取扱票を用いて払い込んでください。払い込みの方法については(別紙様式11)を参照してください。払込後、(別紙様式11)の検定料払込証明書に振替払込受付証明書(お客さま用)を貼って提出してください。窓口提出の場合は、現金でも受け付けます。なお、一度納入した検定料は返還しません。また、国費外国人留学生は、この検定料は不要ですので、国費外国人留学生であることを証明できる書類を提出してください。
(4)写真:2枚 出願前3ヶ月以内に上半身、脱帽、正面向きで撮影したもの(4.5㎝×3.5㎝)を、入学願書及び受験票の所定の欄に貼付してください。
(5)志望研究内容 本学に入学した場合に志望する研究の内容(概要)本学所定の様式別紙様式5
指導教員欄には、特に希望する指導教員がいれば記入してください。
(6)受験票送付用封筒 住所、氏名を明記し、郵便切手682円分を貼付してください(本学所定の封筒によること)。
(7)連絡受信先シール 本学所定の用紙(別紙様式12)に記入してください。

出願資格A、Bの者が提出する書類

出願に必要な書類 摘要
(8)成績証明書 ・出願資格Aの者は、大学院 (修士課程または専門職大学院) の成績証明書及び大学 (学部) の成績証明書を提出してください。
・出願資格Bの者は、外国の大学院等の成績証明書を提出してください。
(9)修士課程修了(見込)
証明書
・出願資格Aの者は、大学院 (修士課程または専門職大学院) の修了 (見込) 証明書を提出してください。
・出願資格Bの者は、外国の大学院等の修了 (見込) 証明書を提出してください。
(10)修士の学位論文等 提出書類 該当者

ア.修士論文(写し):3部

※表紙右上に「修士論文(写し)」と朱書きしてください。

  • 修士の学位を有する者
  • 修士課程在学中で修士論文を提出済の者
    (作成中の者については、「8-(1)-①」を参照し、別紙様式8を提出のこと)
イ.修士論文の要旨 : 別紙様式2
  • 修士の学位を有する者
  • 修士課程在学中で修士論文を提出済の者及び作成中の者
ウ.学術論文(写し): 3部
  及びその要旨
別紙様式3 別紙様式4
エ.これまでに行った研究の要旨:  別紙様式3
  • 発表した学術論文等がない者

*出願資格Bの者は、「修士」「修士の学位」を「修士または専門職学位に相当する外国の学校の学位」と読み替えること。

出願資格Cの者が提出する書類

出願に必要な書類 摘要
(8)成績証明書   最終学歴に係る成績証明書を提出してください。
(9)卒業証明書
最終学歴に係る卒業証明書を提出してください。
(10)入学者選抜出願資格認定申請書 本学所定の様式(別紙様式7)に記入してください。
(11)論文または著作

刊行された論文、または著作を2編以上(各3部)、及びそれらの要旨 (別紙様式3 別紙様式4により日本語で記入)を提出してください。印刷中の論文を含めることもできますが、その場合には「論文掲載証明書」を添付してください。

上記に加え、該当者のみが提出する書類

出願に必要な書類 摘要
在職在学許可書 在職している者(現に官公庁・学校・会社等に在職している者(非常勤・アルバイトを除く))は、当該所属長の在職在学受験許可書を提出してください(本学所定の様式(別紙様式6)によること)。ただし、在職在学許可書の提出が困難な者または退職して入学する予定の者は、本人がその旨記載した申立書(押印必要)をもって在職在学許可書に代えることができます。
住民票 日本在住の外国人志願者は住民票または在留カードの写し(外国人登録証明書の写しでも可)を提出してください。

(注1)婚姻等により証明書と氏名が異なる場合は、戸籍抄本(写し可)を添付してください。

5.選抜の方法、期日及び試験場

入学志願者の選抜は、下記(1)により行います。
ただし、出願資格Cにより出願しようとする者については、選抜の前に「修士の学位を有する者と同等以上の学力の認定」を(2)により行います。

(1)選抜は、一次選抜(書類選考、修士論文等の審査)と二次選抜(面接)により行います。

【一次選抜】

書類選考
志望研究内容等、その他研究科が提出を求めた資料について行います。

修士論文等の審査
修士の学位を有する者及び修士課程在学中の者については修士論文(ただし、その他の学術論文も評価の対象とすることができます。「8-(1)-②」参照)を、また出願資格認定審査により出願資格が認められた者については刊行された論文または著作を審査します。

【二次選抜】

面接
二次選抜(面接)は、一次選抜合格者についてのみ行うものとします。一次選抜の合否は面接日の約1週間前までに、入学願書に記載された連絡先に文書で個別に連絡します。(なお、合否通知が面接日の5日前を過ぎても到着しない場合は、総合研究大学院大学 学務課 学生厚生係まで問い合わせてください)
面接は、主として修士論文(修士論文のない者は発表した学術論文等またはこれまでに行った研究の要旨)の内容及び志望研究内容について行います。 なお、面接の行われる日時は個別に通知します。

面接の期間
2018年1月24日(水)

面接の場所
国立歴史民俗博物館
〒285-8502
千葉県佐倉市城内町117番地

京成佐倉駅より徒歩約15分、またはバスで「国立博物館入口」か「国立歴史民俗博物館」で下車。
JR佐倉駅よりバスで「国立博物館入口」か「国立歴史民俗博物館」で下車。

担当係:研究協力課研究教育係
電話:043-486-4361
E-mail:soken@ml.rekihaku.ac.jp

(2)出願資格認定審査

「出願資格C」により出願しようとする者の「修士の学位を有する者と同等以上の学力」について、学術論文(刊行された論文または著作2編以上)と志望研究内容を中心に書類審査いたします(必要のある場合は面接を行います)。この審査によって学力が認定された者に対し(1)による選抜を行います。審査の結果は、出願資格A、Bの者の出願書類提出期間(「3」参照)の前までに、本人に通知します。また、出願資格を認定された者については、出願書類提出期間に新たに書類を提出する必要はありません。
なお、認定された者は、別紙様式11のとおり検定料を払い込んでください。(*出願資格A、Bの者は出願資格認定審査の必要がありません)

6.合格者発表

2018年2月5日(月)(予定 ※詳細は追って出願者に通知します。)
葉山キャンパス構内及び国立歴史民俗博物館において掲示するとともに、合否については郵便で通知します。
合格者発表は本学ホームページ上(http://www.soken.ac.jp/appli/)でも行います。
電話による照会には、一切応じません。

7.入学手続

(1)入学手続き期間は、下記のとおりです。

合格者は所定の期間内に入学手続きを完了してください。なお、詳細は、合格者に対して別途通知します。

期間:2018年3月5日(月)~2018年3月9日(金)
場所:総合研究大学院大学 学務課 学生厚生係

(2)入学に要する経費は次のとおりです。ただし、国費外国人留学生は入学料及び授業料は不要です。

入学料:282,000円

授業料(年額535,800円のうち半期分):267,900円

学生教育研究災害傷害保険料(3年分)(通学特約・賠償特約付):3,620円

(注)

①入学時及び在学中に、入学料及び授業料の改定が行われた場合は、改定時から新たな金額が適用されます。

②納付済みの入学料は、いかなる理由があっても返還しません。ただし、学生教育研究災害傷害保険料については、2018 年3月31日までに入学を辞退した場合返還します。

(3)外国籍の方は、「出入国管理及び難民認定法」(昭和26年政令第319号)に基づき、大学院入試に支障のない在留資格を得てください。なお、本学に外国人留学生として入学を希望する者は必ず「留学」の在留資格を得てください。

8.注意事項

出願者は、下記事項に注意の上、出願手続を行ってください。

(1)学位(修士)論文および学位(修士)論文の要旨( 別紙様式2

1.所属研究科の学位(修士)論文の提出締切日が本学への出願期間後であるため、出願時において修士論文を提出できない者については、2018年1月5日(金)17時までに修士の学位を取得することが見込まれる修士論文を本学に提出できる場合に限って出願を認める特例措置があります。
この措置を希望する者は、出願時に(別紙様式8)によって届け出たうえ、論文を所属研究科へ提出後、論文の写し(3部)を国立歴史民俗博物館 研究協力課 研究教育係へすみやかに提出してください。
なお、期限を過ぎても論文提出のない者は、受験を辞退したものとします。
(注)修士論文の要旨(別紙様式2)については、「3. 出願書類の提出」に記載されている期間内に必ず提出してください。

2. 学位(修士)論文が日本語以外の言語で書かれている場合には、日本語の訳文(3部、12,000字以上)を添付してください。

3. 学位(修士)論文の要旨については、日本簿(2,000字程度、パソコン等による印字も可)で記入してください。

(2) 学術論文および学術論文の要旨(別紙様式4)について

1.学位(修士)論文以外に、刊行された学術論文を2編以内(各3部)提出することができます。 印刷中の論文を含めることもできますが、その場合は、「論文掲載証明書」を添付してください。
またそれらのうち、修士論文以外で特に評価の対象としてほしい論文がある場合は、「研究活動の概要」(別紙様式3)に記入した題名の頭に◎を付してください(ただし1編のみ)。

2.学術論文が日本語以外の言語で書かれている場合は、日本語の翻訳文(3部、1論文について4,000字以上)を添付してください。また、学術論文の要旨については、日本語の要約文(2,000字程度、パソコン等による印字も可)で記入してください。なお、詳細については、 下記の担当係に問い合わせてください。

(3) 志望研究内容(別紙様式5)について

1. 「志望教員」欄には、希望する指導教員名を記入してください。

2. 指導を希望する教員と教育指導領域・内容について事前に相談することが望ましい。

3. 志望研究内容については、日本語(2,000字程度、パソコン等による印字も可)で記入してください。

(4)併願について

本専攻は、本学の地域文化学専攻、比較文化学専攻、国際日本研究専攻及び日本文学研究専攻との併願は認めません。

(5)出願書類の記載事項と事実が相違していることが判明した場合には、入学を取り消すことがあるので注意してください。

(6)身体に障害のある出願者で受験時及び入学後の履修に際し、特別な措置を必要とされる場合は、出願時にその旨お知らせください。

(7)問い合わせ先

〒240-0193 神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)
総合研究大学院大学 学務課 学生厚生係(平日9:00~12:00及び13:00~ 17:00)
電話:046-858-1525・1526
E-mail:kousei@ml.soken.ac.jp

〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117番地
国立歴史民俗博物館 研究協力課 研究教育係(平日9:00~12:00及び13:00~ 17:00)
電話:043-486-4361
E-mail:soken@ml.rekihaku.ac.jp

(8)受験を辞退される際には、学務課学生厚生係までお知らせください。

[E-mail:kousei@ml.soken.ac.jp  または Fax:046-858-1541]

9.採点・評価基準

(1)〔一次選抜〕

修士論文及び修士論文以外で既に公刊された論文等については、論文形式・独自性・発展性・論理性・実証性の各項目について5段階で評価します。志望研究内容については、独自性・計画性の各項目について5段階で評価します。

以上の合計点数によって第一次合格者を決定します。

(2)〔二次選抜〕
面接は、人物・応答内容・将来性の各項目について5段階で評価します。

10.合否判定基準

9-(1)の評価点と9-(2)の評価点から総合的に判断し合否を判定します。

11.個人情報の取り扱いについて

(1)出願時に提出していただいた氏名、住所、その他の個人情報については、「入学者選抜(出願処理、選抜試験実施)」、「合格者発表」及び「入学手続」等の入試業務を行うために利用します。
なお、入学者の個人情報については、「教務関係(学籍管理、就学指導)」、「学生支援関係(健康管理、授業料免除・奨学金申請、就職支援等)」及び「授業料徴収に関する業務」にも使用します。

(2)入学者選抜に用いた試験成績等の個人情報は、入試結果の集計・分析及び入学者選抜方法の調査・研究のために利用します。

このカテゴリの他のページを見る
入試日程 受験される方へ 大学院説明会 過去問題 大学院Q&A